笑顔の女性

健康志向から人気

グァバに含まれる健康成分とは

グァバというと、南国のフルーツで知られており、私たちは通常ジュースで飲む事が多いが、そのグァバからできているグァバ茶を知っているだろうか。グァバの葉と皮を乾燥させてできる。グァバ茶はビタミンCやビタミンA、ミネラルを豊富に含んでいるが、その他、タンニンという成分が含まれていることで、健康効果の高いドリンクとして人気を高めている。タンニンはその渋さで認知されているが、渋柿や栗などにも含まれている。このタンニンの栄養効果であるが、何よりもがん予防に効くということで人気なのである。またタンニンには殺菌効果もあることから、腸内環境を整え、下痢などを防ぐ働きをする。また、このグァバ茶は、すっきりした味わいで飲みやすく、若いひとたちにも人気がある。夏場は冷やして麦茶感覚で飲む人もいるようだ。

グァバ茶の健康効果について知る

発ガン予防になるグァバ茶であるが、もう1つの健康効果として、糖尿病の予防にも効果的である。グァバ茶に含まれるポリフェノールが、糖の吸収を抑えて、血糖値の急激な上昇を抑えることができるのです。このように考えてみると、発ガン予防と糖尿病予防、というなんとも魅了てきなドリンクはないだろうか。また、グァバ茶には抗酸化成分が入っていることで、美白にも効果的である。この効果に着目して、様々な製薬会社はサプリメントを販売し、宣伝に力を入れている。またドラッグストアでもグァバ茶を取り扱う店舗は多く、健康茶コーナーで見かけることが多くなった。またお茶を製造している会社においては、有機栽培のグァバ茶を生産し始める農家もいることから、その人気はまだ続きそうだ。

ページのトップへ戻る